自宅で寝袋生活

Coleman PERFORMER C15 家具 家電

ブログ村でシンプルライフカテゴリに登録しようと思った理由の1つは、実は自宅で布団ではなく寝袋で寝ていることをレポートしたかったからだったりします。

以前は布団もベッドも使っていました。
収納が十分にない部屋にいるため布団を片付ける場所が無く、筋トレやヨガなどのスペースを作るためにどうしても寝具をコンパクトにしたかったのが動機です。

あとは、布団が片付けられないことには掃除も大変でした。

スポンサーリンク

コールマンの寝袋 PERFORMER/C15

前提として、私は和室の畳の上に布団用マットを敷き、その上に寝袋を置いて枕も用意して寝ています。
降雪は2年に1度くらいの頻度でそれほど寒くない地方に住んでいます。
毛布と布団があれば夜中に暖房を止めても大丈夫な感覚で書いているのでご了承ください。

Coleman PERFORMER C15

写真は夏用に用意したColemanのPERFORMER/C15と呼ばれる寝袋です。
コールマンはアウトドアやキャンプ用品に詳しい方なら定番のブランドだと思います。
私はあまりアウトドアに興味が無かったので、これが最初に購入した寝袋でコールマンというメーカーもこの寝袋で知りました。
結果として大変満足しています。

C15というのは、快適に眠れる温度が15度という意味から来ているようです。
本来は屋外で、時には冷える場所で使うものですから寝袋には必ず使用可能温度が記載されています。
PERFORMER/C15の使用可能温度は10度以上となっています。
この寝袋は本当に夏用で、屋内とはいえこの時期まで使えてしまった今年の秋は本当に暖かい気候でした。

エンベロープ型とマミー型

寝袋を選ぶときにもう1つ注目したいのが寝袋の形。
エンベロープ型とマミー型に大別されます。
上で紹介しましたPERFORMER/C15はエンベロープ型。

エンベロープは英語で封筒の意味で、長方形の形をしています。
普通の布団と同じような感覚で使えるのがこの形で、
寝返りをうったり、手足をある程度広げて眠ることも可能です。

マミー型はエジプトのピラミッドで見つかるような棺おけの形を連想させます。
肩付近が一番横幅があり、足先と頭に向けて幅が狭くなっていく形状です。
こちらはエンベロープ型よりも体にフィットし、より寒い場所でも使える傾向にあります。
その反面、腕や脚を広げて眠れないので窮屈に感じることもあります。

これ以外に、着る寝袋とよばれるような、マミー型よりフィットして尚且つ立って歩けるような形の寝袋もありますね。

自宅で寝袋を使うメリット

収納に困らない。
最初に書きましたが、私の家は収納に苦労しているので助かっています。

家庭用の洗濯機で丸洗いできる。
布団と比べると一番のメリットはこれだと思います。
少し厚めのシーツを洗う感覚で寝袋を丸洗いできます。
汚してしまっても処理が簡単で清潔に保てます。

もちろん洗濯表記には注意で、
中には家庭で洗えない寝袋もあるかもしれません。

比較的安い。
布団と比べると比較的安く、自宅用なら5000円くらいの寝袋でも十分かもしれません。
浮いたお金で下に敷くマットをワンランク良いものに買えるもよし、
2~3枚の寝袋を洗ってローテーションで使ってもよし。

そのまま防災グッズにも
普段から使っているので外でもリラックスできる可能性は高いです。
それに破れたり痛んだりしても普段使いならすぐ気づけます。

自宅で寝袋を使うデメリット

化学繊維の寝袋は、夏場の熱帯夜など汗を吸わず、通気性も悪い。
基本的に寝袋は体を冷やさないようにできているので熱帯夜の寝心地は布団に劣ると思います。
一応、裏地が綿でできた寝袋もあり、肌触りを気にされる方には良さそうです。ただし少し値段が高くなるかも。

家族の了解は得られるか。
私は独り身なのでかまわないのですが、夫婦や親子で毎日寝袋で寝るのかどうか。
一応、エンベロープ型には横に連結して大きな寝袋として使えるものもあります。

 

今後引っ越すことがあれば、再びベッドも布団もつかうことになるかもしれません。
しかし今のところは、寝袋生活が当面続く予定です。

タイトルとURLをコピーしました