ずぼらヨガの開始と感想

ずぼらヨガ 健康

ネット検索で見つけてしまってほぼ衝動買いの1冊。

過去の記事にも書いてますが
私は自律神経やら腰痛やらでデスクワークも結構つらいので
試し読みで読んだ著者の体験談に共感するところがあります。

ヨガは自宅で行っていたのですが、
現在部屋が散らかっていて手足が伸ばしにくいのと
やはりヨガ教室とかは気が引ける・・・。

ずぼらヨガ

この本は100ページちょっとの中に体験談、解説、実践が3分の1くらいずつ、
イラストや漫画でかなり読みやすく書かれています。

ヨガや自律神経の話に詳しい人なら「これだけ?」と思うくらいですが、
本当にずぼらな人に向けて情報を絞って完結に書かれているわけです。
休憩の5分間でこなせます。

続ける必要はあるので分量としては物足りないくらいがいいですね。

基本の簡単なポーズとその発展系が載っているので
ヨガって複雑なポーズを取ることだと思っている人には
入り口として良いかもしれません。

ヨガで大事なのは全身の動きを意識しつつ「呼吸」を行うこと。
自律神経が関わる中でも呼吸は意識的に一番変えられる部分でもあり、
連動して意識下で動かせない部分にも変化をもたらします。

とりあえず私は1章の「猫のポーズ」や「ねじりのポーズ」から
ものすごく単純な動きですが、体全体を観察してみると
ブランクを感じるコーディネーションの低下。

GW中は部屋を片付けながらこの本でリハビリしてみようと思います。

ちなみに、私はKindleで購入しました。
書籍版より安い価格でしたが、イラストやマンガの画像ファイルなので
タブレットやPC等の大きめの画面推奨です。

タイトルとURLをコピーしました