京都菓乃井さくらプリンの感想

食レポ

ということで本日は北海道乳業の
菊乃井 さくらプリン―こしあんソース入り―。

京料理の老舗「菊乃井」とのタイアップで、
なんと第九段なんだそうです。
菊乃井店主である村田吉弘氏の監修でパッケージ側面に顔写真入り。
(敢えて隠れるように撮ってます。)

写真をよくみると賞味期限が。
部屋を大きく模様替えしての最初の記事ということで
食べたときにはまだ賞味期限は切れていませんでした・・・。

成分表。
桜葉シラップと桜葉エキスが使われています。
ソースもこしあんということで和風の味が期待できます。

蓋を開けてみたところ。
桜色のプリンに、側面にすこしこしあんソースが見えます。

ひとくち食べてみると、桜の葉の味が伝わってきます。
味は桜餅、舌触りはプリンというさまに名前の通りのさくらプリン。

こしあんソースも普通のプリンのカラメルソースくらいの分量で
ちょうどいいバランスだと感じました。

ごちそうさまでした。

 

タイトルとURLをコピーしました