せっけん専用のクエン酸リンスを使う

健康

私はドライアイやドライノーズにもなっていましたが、
一方で頭皮はオイリーな状態になっていました。

理由として気になっていたのはシャンプーの洗浄力。
通販レビューでもわりと洗浄力が高いと言われていた商品なので
ためしに石鹸のみで洗ってみることにしました。

石鹸シャンプーでなく、
一般的な固形の石鹸を泡立ててその泡で洗います。

石鹸も洗浄力は高いのですが、
どうやらここまでは肌にあっているようでした。
ただ、石鹸のみだと髪がギシギシになり
ゆすぎもしっかりしないと石鹸が残ってかゆみにつながることも。

そこで今度はリンスなのですが、
石鹸で頭を洗う場合はクエン酸リンスがよく使われるとのこと。

石鹸がアルカリ性なので、
弱酸性のクエン酸リンスを使って中和する仕組みです。

簡単に自作する方法もあるのですが、
初めてということもあり市販品を試してみました。
それでも平均的なリンスより安いくらいだと思います。

ひとまず1週間くらい使ってみての感想です。

今回購入したのは
ミヨシ石鹸のせっけん専用リンス。
石鹸シャンプーも扱っている会社ですが今回はリンスのみ。

パッケージ背面に使用方法などが。
全成分が水とクエン酸、クエン酸ナトリウムとシンプル。

薄めて使うタイプで、洗面器七~八分目に小さじ二杯と書かれています。
洗面器七~八分目がどれくらいかはっきりしないのですが、
大まかな目安として洗面器一杯が3リットル~3.5リットルくらいのようで、
つまり2.5~3リットルに10cc程度ということになります。

目分量で使っている私の感覚ですが、
白い洗面器ならわずかに水が黄色っぽく見え、
手でふれるとわずかにヌメリを感じるくらいだと思います。
ほとんど水に近い状態です。

また、洗面器に髪をひたす前提の分量なので
多くの人は半分くらいで十分だと思います。
私の場合は洗面器に1リットルくらい作って手で少しずつ頭にかけ、
頭皮を軽くマッサージする感覚で頭皮になじませて使っています。

やはり石鹸のみの場合と比べて
髪のきしみ加減は大幅に軽減されますし、
頭皮に痒みが出る可能性も下がっています。

そして別のシャンプーを使っていたときと比べて
頭皮から出る脂分も大幅に減ったかなという印象でした。

一方で、四角い枠の中にも書かれていますが、
石鹸の中和が目的なので髪のコーティング剤などは含まれません。

長い髪はぱさついてスタイリングができない可能性もあります。
また、地肌が乾燥しやすい体質の場合などは
髪や地肌を保湿する手段が必要になると思います。

私はひとまずオイリーな状態からは脱したので
しばらく間を置いて、
次に保湿に良さそうなオイルを当たってみる予定です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました