イルミネートキーボード k810 レビュー

家具 家電

先日はマウスのレビューでしたが、
今日は同時に購入したキーボードのレビュー。
キーボードはやや本格的な価格帯のk810を購入しました。

開封レビュー

付属品は充電用のMicro-USBケーブルのみ。
充電式のキーボードです。
USBレシーバーは付属していません。

電源は右側面、コネクトボタンは裏面の電源近く。
F1~F3キーが入力先の切り替えボタンにもなっています。

そして、私がこのキーボードを選んだ理由。

1.キーピッチがフルサイズキーボード並み、右側にもCtrlキーがある。

上がマイクロソフト製のデスクトップ用キーボード。下がk810です。

文字キーの大きさは15mm四方ですが、
キーとキーの間隔が十分に取れられているので
キーピッチとしては19mmほどありデスクトップ用キーボード並み。
文字を入力するときに今までのキーボードと近い感覚で入力できました。

ただしキーストロークは2mm程しかないので
ここは好みが別れるかもしれません。
それでも確かな打鍵感はあります。

2.入力先を複数登録でき、テンキーもなく省スペース。

Bluetooth接続でWindows,iOS,Androidの端末を3台まで登録できます。
切り替えは1秒ほどで出来てしまうので
複数端末を同時使用している場合にはかなり便利です。

この手のキーボードはモバイル用のデザインで、
右側のCtrlがない物も多いのですが、個人的には右Ctrlは外せませんでした。
なおかつ普段使わないテンキーがない分省スペース。

私が普段使うキーが揃っているのがこのk810でした。
フルサイズのキーボードが複数あるような状況だと
確実にテーブルの上が狭くなるので購入して正解でした。

読書など紙媒体での作業ではキーボードそのものが邪魔ですが、
薄くワイヤレスなので脇にどけておくのも簡単です。

入力先の切り替え等の機能はファンクションキーに割り振られており、
初期状態ではファンクションキーの機能を使うには
FNキーを同時に押さなければいけませんが、

ロジクールのSetPointユーティリティーをインストールし
設定を変更することでWindows環境下では
FNキーを押さずにファンクションキーが使えます。

逆に端末等の切り替えや音声ボリューム等の変更時に
ファンクションキー+FNキーを押します。

文字入力をメインにしている場合にはこの方が便利。

3.タイピング音が静か。

一番高いファンクションキーの頂部でも高さ15mmくらいの薄型キーボードですが、
文字キーの周囲はアルミで作られ、キーのガタツキも少なめです。
構造そのものは、かなりがっしりしています。

見た目の高級感もさることながら
しっかりした打鍵感と静音性といった実用性もあります。

スマホの騒音測定アプリで簡易的に図ってみたのですが、
比較的大きめの音でも50dBを超えない程度でした。
安いノートPCのキーボードよりも静かかもしれません。

その他キーボードの名前通り、バックライトで暗い場所でも
キーが見えやすいなどの特徴がありますが
私にはあまりメリットにはならないので割愛です。

最近はとにかく省スペースで済ませられないかと考えていたので
このキーボードはこれからも活躍してもらおうと思います。

 

6月19日追記:

何時間くらい使ったかは計っていませんが
1日平均10分位で1ヶ月、
こまめに電源を切る使い方で、
モバイルには十分な時間が経ったくらいで
使用中にDeleteキーの上部が赤色に点灯し始めました。

バッテリー切れになる前にLEDで教えてくれるので、
仕事中にいきなり使えなくなるということはなさそうです。

充電中はLEDが緑色で点灯します。
アンドロイドスマホのケーブルで充電できることもあって
バッテリー残量管理の不安はなくなりました。

 

タイトルとURLをコピーしました