壁を背に机を置く

家具 家電

以前からパソコンの画面に
天井の照明が映り込むことが気になっていて、
ついたてを作るなど
対策を考えていたのですが、

筋トレなども行いたいので
小さな部屋をさらに小さく割るのは
長く続きませんでした。

ここで最近、
思い切って机を天井の照明に向けてみることにしました。
そうすることで液晶画面に照明が写り込まなくなりますが
部屋を広く使うことも難しくなります。

そう思って避けていたのですが
背に腹は代えられないので先月から試してみました。

線香ヤニでふすまが茶色くなっているのは
この際置いておくとして・・・。

結果的にこの配置は、
作業効率の面でも非常に上手くいきました。
そして工夫すれば畳3畳分くらは
筋トレスペースを確保できたのでデメリットも解消。
メリットのほうが大きい結果になりました。

そのメリットは―。

1.PCの画面に照明が写り込まなくなる。

一番欲しかった環境がついに手に入りました。
長時間パソコンで文章を書いているので
目の前でちらつきが起こると日々疲労が蓄積します。

部屋の照明を消してデスクライトだけを使う
という方法も試したのですが
閉塞感が強すぎて長続きしませんでした。

また、机の正面から天井照明が
手元を照らしているので、
デスクライトが要らなくなり
机周りのスペースが少し空きました。

トータルで省エネ省スペースに。

2.壁を背に、入り口を正面に向ける。

私の部屋には他人が入ってくることは
ほぼありませんが、
それでも誰かに呼ばれたときに
後ろを振り返ることは集中力が落ちます。

机に向かったまま後ろを気にしないで
作業が続けられるのは継続性という点で
かなり楽になりました。

なお、2時間以下の短時間であれば
机に向かって小さい空間で集中したほうが
パフォーマンスは出るという話も。

子どもの勉強机の配置などを調べると、
壁を背にする配置を推奨しているサイトも
いくつか見かけることがありました。

私も後ろを気にすることがなくなって
目の前にかなり集中出来ていると感じました。
人間は本能的に後方になにかあると
プレッシャーを感じるのかもしれません。

パソコンの画面だと後ろから
覗き込まれるのは嫌ですね。
そういったこともあると思います。

また、社長などの応接を行う部屋も
机は入り口の方を向いています。
なんとなくどっしりと構えた気分になって
堂々としていられるようになりました。

3.部屋が少し片付き、ゴミ箱が使いやすい位置に

デスクライトが要らなくなったのも含みますが、
あらためて部屋の配置を見直す機会になりました。

部屋の中にエアロバイクや電子キーボードまで
置いてあったので本当にスペースはギリギリでした。

キーボードはPC作業机の上に展開でき
それ以外は立てかけて置くことにし、
エアロバイクも小さく収納できるので
畳1畳以上の場所を取っていた物が
全部で畳3分の1以下になりました。

そして
ゴミ箱が自然と机や就寝時の枕元の近くに
くるようになりました。

いままで部屋の入口にあったので
ゴミを捨てるたびに立ち上がったり、
部屋に入る時に避けて通ったりと
不便になることが多かったのでした。

部屋の入り口をあけて最初に目に入るのが
ゴミ箱というのも精神的に良くないと思います。

それら気になっていたことが
良い方向に改善したので
運気まで好転してきたような雰囲気です。

 

次は机の上を片付けようと計画中です。
紙のメモやUSBの配線が散らかっているので
これらが集中力を下げているように感じます。

差し当たっては
タスクリストの電子化かなと考えています。

タイトルとURLをコピーしました