ブラックキャップ 最強 再び

害虫対策

去年は風呂場のリフォームを行った際に床下等に殺虫剤を撒いてもらっていたのでゴキブリには出くわしませんでした。

家族の話ではどうやら一部が2階や屋根裏に逃げた可能性はありましたが・・・。

 

で、すっかり油断していたところに今年は侵入を許してしまいました。

そこで2年前にお世話になったブラックキャップに再登場してもらいます。

有名なゴキブリ駆除用の置き餌タイプのものを3種類くらい使ってきましたが、効果が実感できるのはブラックキャップでした。

 

形状にいくつか種類がありますが、我が家で使うのはもっぱらスキマ用。
鴨居掛けをつたっている様子なので立てかける形で使います。

あとは、屋外用も使ったことがあります。

パッケージ裏面。7つの効果!と書かれていますが5~7が要は容器の形状の工夫という形でまとめられています。

1~4が効果てきめんなのであまり気にしません。

 

パッケージには16個入りと書いてありますが、8個1セットの袋が2袋入っています。
開封時は8個つながっているので手で折って分割します。

説明書きにも複数個同時に使うとことが書かれていますが、エサが乾燥してしまうので内袋を開けた時点で8個を1度に使ったほうが良いと思います。

効果は約半年。
ゴキブリの出るシーズンを考えると毎年梅雨前くらいの設置開始が良いかも。

 

真横からみた様子。
エサが黄色く着色されているので容量が把握しやすいです。

油であげたスナック菓子の匂いを強めたような匂いです。(特に開封直後)

水回りに置く場合は、プラックキャップの中に水が入らないように注意がいります。
とくにスキマ用は写真のように縁がないので簡単に溶け出すと思います。

 

鴨居掛への設置。

取り出しが簡単になるように、10cmくらいに切った粘着テープの先にブラックキャップを貼り付けて壁に固定しました。

やや不格好ですが来客のない場所なので利便性優先。

 

冷蔵庫の下。
スキマ用が効果を発揮する場所です。

非常に軽いので蹴飛ばして奥に飛んでいかないようにする必要があります。

あと、猫等のペットを買っているご家庭では、ペットがブラックキャップに触らないように注意がいります。

実は今年はじめてゴキブリを見つけたのは台所の床でした。
冷蔵庫の下に隠れたのを見計らってブラックキャップを設置。

母曰く、数分後にゴキブリがエサを食べに来たらしく動く触覚が見えたとか。
そして翌日の朝、台所の床の上でひっくり返っていたそうです。

 

ブラックキャップの効果がわかりやすい点は、即効性のあるところだと思います。

巣や卵にも効くと書いてありますが、外から侵入してきたゴキブリには帰る猶予はないと思われ、ひっくり返っている姿を目撃することになります。

神経に作用するのか、ひっくり返っている場所はゴキブリが通りやすい部屋の隅などではなく割と開けた場所だったりします。

そういう意味では、ゴキブリホイホイの真ん中にブラックキャップを置いたら最強なのではないかとも考えたりします。

 

ひとまず、効果の方はてきめんなので今後もお世話になると思います。

タイトルとURLをコピーしました