ペン字の練習と書き込み式書籍

30日できれいな字が書けるペン字練習帳 雑貨

30日できれいな字が書けるペン字練習帳

最近、手書きのメモがとても人様に見せられるような状態ではなくなってきてしまったので、ペン字の練習ノートを探して試してみることにしました。

ボールペン字学習とかはU-CANの講座のCMを何度も見たことがありますが、予算や目標としてそこまでは望んでいないので書籍を探すことに。

楽天BOOKS等で評判が良さそうだった写真の本を購入してみました。

「30日できれいな字が書けるペン字練習帳」
書道家でカリグラファーデザインも手がける中塚翠涛(なかつかすいとう)さんが監修・手本。

ひらがな・カタカナの基礎から宛名等の実用レベルまでのステップが30日分にわかれています。
大判で練習帳に直接書き込めるデザイン。

スポンサーリンク

ペン字練習 効果

最初の週はひらがな・カタカナの50音から始まっているので小学校に入学した頃につかった文字の練習帳みたいな雰囲気でした。

お手本を見て、薄い線をなぞって、最後にマス目に自力で書く。

最終的にビジネスの場でよく使うような領収書の宛名、住所、短文のお礼状など、より実践的になっていきます。

1日2ページ、集中して行うと時間にして30分ほどになる練習量です。

シリーズで横書きや筆ペン専用の練習帳もあるので、この本は縦書きが中心かとも思っていたのですが、上の写真の書籍は半分くらいが横書き、ペン字も2日分の練習が用意されていました。

私は1日で2日分の練習ペースで行って今日で4日めくらい、漢字の基本的な形を復習しながらよく使う熟語を縦書き、横書きで練習しています。

手本を見ながら書いていくので、4日めにしてカタカナやひらがなに関してはかなり字の形を思い出すことができてきました。

次の1週間で漢字の形も向上していくと思います。

30日できれいな字が書けるペン字練習帳 横書きを美しく

通販で取り寄せたので、せっかくなのでと横書き専用のペン字練習帳も同時購入。
こちらは見開きが逆、内容もすべて横書きの練習となっています。

両方練習し終えるころには年の瀬も迫っていることと思います。

練習前と後でどの程度変化があるかもレビューしてみようかと考えましたが、このブログで手書きの文字を公開することはない予定です。

当面の目標は手書きの手紙をそれなりの形で書けるようになること。

人に読んでもらえるくらいの文字になったら、敢えて手書きの文章を入れたブログを作ってみるのも面白そうですね。

 

雑貨
スポンサーリンク
大中小吉をフォローする
大中小吉

腰痛と自律神経の問題でやや引きこもり気味。 パソコンの周囲10メートルが生活圏な内容です。
シンプルで効率的な生活を目指していますが、 健康に関する話題も時々。

大中小吉をフォローする
あたってトライ
タイトルとURLをコピーしました