デビルブレンドなるコーヒーを飲んでみた

食レポ

以前からカフェインレスやノンカフェインの飲み物の話をしていますが、
最近ちょっと体調が良くなってきたのか、普通のコーヒーが飲めるようになりました。

もちろんブラックで、です。

キッチンの戸棚を物色していると珍しそうなコーヒーがありました。
家族の誰かがもらってきたらしい・・・そして期限が切れてる!

もったいないので、頭の整理をする休憩時間に飲むことにしました。

デビルブレンドコーヒーのパッケージと中身。
デビルブレンドコーヒー

3つほどあったのですが、名前にインパクトのある「デビルブレンド」を選んでみます。
パッケージの表側も三叉の槍のイラストがいかにもデビル。

スポンサーリンク

デビルブレンドの販売元は消費量日本一の…

パッケージの裏面を見ると京都の企業が販売しているコーヒーだそうです。
あまり詳しくないですが、京都府はパンの消費量が日本一だと聞いたことが。

デビルブレンドのパッケージ裏面
デビルブレンドのパッケージの裏面

となれば、一緒に飲まれる可能性が高いコーヒーも消費量日本一ではないかな?
と調べてみたら本当に日本一でした。

参考:

コーヒー消費量 [ 2016年第一位 京都府 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]

インスタントコーヒー換算で1日あたり4.7杯になるとか。

当然、飲んでない人もいることを考えると平均を押し上げている人は1日10杯以上は飲んでいることでしょう。

日本古来の文化遺産が多数ある京都は、和風の食生活がイメージしやすそうですが、実態としてはパンとコーヒーが他の都道府県より消費されているわけですね。

余談ですが、喫茶店が多い愛知県もコーヒーの消費量も多いと思っていました。
ところが上の統計はあくまで家庭内での消費なのだそうです。

一人あたりが飲んでいるコーヒーの量だと喫茶店が多い都道府県も上位に入るかもしれません。
とはいえ喫茶店のコーヒーを1日に何杯も飲みませんよね。たぶん。

デビルブレンドの香りと味は

正直なところ、私はコーヒーに関する知識や造詣を持ち合わせてはいません。
事前にネット検索もしてみたのですがブレンドの詳しい内容はわかりませんでした。

パッケージ裏面には豆の生産国が「東ティモール・ラオス」とだけ書かれています。
実際に店頭へ行って購入していれば詳しいことが聞けたかもしれません。

コーヒーを淹れているところ

開封したときの最初の香りと一口飲んでみたときの第一印象は思っていたより独特。
渋みを楽しむ感じのコーヒーかなと思いました。

少なくとも酸味はなく、デビルの名前の割にかなりスッキリと飲みやすかったです。
後味が残りにくいのが好印象。

口をつけたときに脳裏に浮かぶのは澄み切った備長炭の黒さ。
別にデビルブレンド自体は他のコーヒーと変わらない濃いブラウンなのですが。

そんなこんなで久々にじっくりとコーヒーを飲めたのでした。
ボキャブラリーを高める目的で、食レポ日記をやってみるのは面白いですね。

以前はハーゲンダッツを食べては記事を書いていたような。

食レポ
スポンサーリンク
大中小吉をフォローする
大中小吉

腰痛と自律神経の問題でやや引きこもり気味。 パソコンの周囲10メートルが生活圏な内容です。
シンプルで効率的な生活を目指していますが、 健康に関する話題も時々。

大中小吉をフォローする
あたってトライ
タイトルとURLをコピーしました